経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

保険用語辞典

ここでは保険に関する用語集をまとめさせて頂いております。
専門的で意味がよくわからないと言葉に関しては、こちらでお調べ下さい。

 

満期(まんき)
保険期間の満了時。例えば60歳満期であれば60歳の契約応当日で保障が切れます。契約応当日が5月1日であれば、60歳の4月30日です。

無選択型保険(むせんたくがたほけん)
保険加入時の職業や健康状態などの告知・診査なしで誰でも加入できる保険。しかし、無選択とはいえ、年齢による加入制限を設けています。20歳〜85歳・40歳〜80歳など加入できる年齢は保険会社によって異なります。契約から2年以内の病気死亡については、払い込んだ保険料が返ってくるだけなので保障としての効果はありません。加入できる保障額は300万円までです。保険料も割高なので長生きをした場合、保障額よりも払込保険料の累計の方が多くなる場合が考えられます。

免責期間(めんせききかん)
免責期間とは、保険会社が保険金や給付金の支払いを免除される期間をいいます。免責4日の入院保障特約では、入院開始日から4日間は支払いの対象にならない免責期間となり、10日間の入院でも6日分の給付金が支払われることになります。

免責事由(めんせきじゆう)
保険事故に対して保険会社は保険金や給付金などを支払う責任があります。しかし、例外としてその責任を免れる特定の事由を免責事由といいます。免責事由の一つとしては、責任開始日や復活日から一定期間内の自殺があります。この一定期間を、3年以内から1年年以内へと短縮する傾向がありましたが、近年の自殺者の増加で、新規契約分から2年や3年以内に再度変更されています。