経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

保険用語辞典

ここでは保険に関する用語集をまとめさせて頂いております。
専門的で意味がよくわからないと言葉に関しては、こちらでお調べ下さい。

 

第三分野(だいさんぶんや)
人の病気での死亡に対する保険など生命保険を「第一分野」、物の損害や賠償責任に対する保険など損害保険の「第二分野」といい、その中間にある、入院したときの保険やガン保険、損害保険や介護保険などの人にかける保険を「第三分野」といいます。2001年の7月から、生命保険会社でもいガン保険などこれまで生命保険会社が扱っていた商品を、自由に取り扱うことができるようになりました。

短期払い(たんきばらい)
短期払いとは、保険期間よりも短い期間で保険料を払い終わってしまうことです。払込期間が短いほど、保険料の払込総額は少なくなりますが、毎回支払い保険料は高くなります。終身保険の払込方法として多く利用されてきました。(60歳・65歳や10年・15年など)最近では、定期保険などでも短期支払い扱う保険会社などがあります。

団体信用生命保険(だんたいしんようせいめいほけん)
住宅ローンを利用するときなどに入る保険。お金を借りた人が死亡した場合、借入残高に相当する死亡保険金が、債権者である金融機関などに支払われ、借金が清算されます。

積立利率変動型(つみたてりりつへんどうがた)
積立利率変動型は、保険料の中から将来の保険金支払いに備え積立を行う「積立金」を、他の保険種類とは区別して運用し、運用実績が予定利率を上回った場合、毎月積立金に反映します。運用実績が予定利率を下回った場合でも、予定利率で運用したとして積立金に反映するので、一度積み立てられた積立金は、その後の運用実績にかかわらず減少することがありません。その結果、変動保険とは異なり保険金額・解約返戻金の双方が最低保証された上で、運用実績に基づいて解約返戻金が増加し、一定水準を超えて増加した場合には保険金額も増加します。

定期付終身保険(ていきつきしゅうしんほけん)
定期保険特約付終身保険のこと。主契約の終身保険に、一定の期間だけ保証する掛け捨ての定期保険特約がついているもので、終身保険と定期保険をそれぞれ別に契約するよりも、保険料は若干安くなることもあります。主契約(終身保険)の保障額よりも特約(定期保険特約)の保険額の方が10倍・20倍と大きいもの主流。たとえば終身保険が100万円の場合、10倍だと定期保険は1000万となります。その保障額の形からL字保険とも言います。

逓減定期保険(ていげんていきほけん)
保険料は一定ですが、保障額が一定の割合で減っていく保険です。遺族の生活を保障する目的や借入金に対する保障目的で保険に加入する場合、必要保険額や借入残高は年々減っていくはずです。その減っていく必要保険額にあわせて、保障を準備することが可能です。

逓増定期保険(ていぞうていきほけん)
保険料は一定ですが、一定の割合で保障額が増加していく保険です。

転換(てんかん)
それまで加入していた保険を下取りに出し、新しい保険に加入しなおすこと。新しい保険料は、転換するときの保険年齢と予定利率で計算し、下取り価格分が割り引かれます。ただし、もとの契約時よりも年齢は上がってしまい、予定利率の低い今は、転換によるメリットは少ないといえます。

特別勘定(とくべつかんじょう)
運用結果を直接的に還元することを目的にした変額保険や変額年金などの資産を他の資産とは区別して、管理運用するものです。他の保険の資産とは区別して、個々の運用方針に沿って、管理、運用されます。国内外の株式や債券などでも運用され、経済・金融情勢などによって、運用がうまくいけば高い収益性が期待できますが、その反面、投資リスクや為替リスクは全て契約者が負うことになります。運用成果については直接解約返戻金や年金額に反映されるため、株価の下落などで、積立金が減少した場合、解約返戻金や年金額も減少します。

特約(とくやく)
主契約に付加するオプション部分です。主契約とセットではじめて契約することができ、この部分だけ単独で契約することはできません。主契約を解約した場合、この部分も解約となります。