経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

事業承継対策

ここでは幾つかある事業承継対策のうち「法人契約の生命保険」を活用した事業承継対策について述べます。

事業承継対策として想定されるケーススタディ

ケース1
  • 経営者に万が一のことが発生すると、事業運営が難しくなります。
    具体的には、「金融機関・取引先との取引条件の変更を余儀なくされる」、
    「優秀な人材が流出する」、「売上が減少する」、キャッシュフローが悪化する」などが想定されます。

 

ケース2
  • 経営者の財産の大部分が自社株の場合は評価額(※)も高くなるため、
    後継者の納税資金不足しスムーズな事業継承に支障をきたす(後継者争いに発展し、“争族”へ)ことが想定されます。
    ※自社株の評価方法・評価額算定などは専門家にお問合せ下さい。

 

 

ケース3
  • 後継者に円滑な事業承継を行ない、経営権を後継者に集中させるため、会社設立時に発起人として名義を借りた名義株主の株式を整理したり、経営者の兄弟姉妹等に分散している株式を整理することが想定されます。

 

  • 対策
  • ・感情的な問題はさておき(とても重要ですが)、「金庫株制度を利用して会社が後継者以外の株主(兄弟姉妹・名義株主など)から自社株を買い取る資金を準備することで、後継者に経営権を確保する」