経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

従業員退職金制度

2001年6月に企業年金に関する2つの法律が、日本で初めて施行されました。
ところが一部の上場企業を除いた多くの中小企業では、福利厚生の一環として、これから従業員の退職金をどのように位置付けるのか。
企業経営に役立たせる方法として退職金問題は、今大きな課題となっています。

従業員退職金制度を決定する為のプロセス

 

プロセス1 退職金制度は、いる・いらない
  • 終身雇用制度や年功序列制度など、高度成長期時代を支えた日本の退職制度は、現在の企業経営にフィットしなくなっております。労使双方にとって、安定的雇用の確保や従業員定着率の向上が必ずメリットである時代は終わりました。
    経営者は雇用の流動性について、労働者は職業選択の自由や退職金の前払い制度について、高い関心を持たれております。
  •  
そもそも、会社にとって退職金は必要なのか?という原点から、現在や将来の企業経営に役立つ退職金制度の設計を、経営者は一度検討することが必要です。