経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

従業員退職金制度

従業員退職金制度を決定する為のプロセス

プロセス2 退職金を積立てるのは、社内か、社外か
  • やはり退職金は、必要だとお考えの経営者様に申し上げます。退職金を積立てる方法は、大きく2つあります。

 

その1
国の制度などを利用して、会社外部に従業員退職金を積立てる方法です。

  • 国の制度で退職金を運用することで、安定や安心を確保することができます。その一方、積立金の運用状況や積立の途中経過などが、経営者から見え難く、想定外の積立不足が発生します。
  •  
  • 特徴
  • 国の制度の場合、退職金引当の帰属先(権利)は従業員となります。
  •  

 

その2
保険など金融商品を利用して、会社内部で積立てる方法です。

  • 契約者が企業ですから、積立金の状況を確実に把握できるのが利点です。但し企業は、資金を積立てる保険会社や、プランを自己責任で選択することが必要です。
  •  
  • 特徴
  • 保険を活用する場合、退職金引当の帰属先(権利)は会社となります。
  •  

 

留意点 社長の経営方針を反映させる

  • 社員の退職金を守る為に、経営が悪化や倒産してしまっては、労使双方にとってデメリットです。
    つまり、労使双方にとって最優先するべき点は、企業の永続的、安定的な経営です。 将来の事業計画に基づいて、社内と社外にどのくらいの退職金をどのような方法で積立てるか!? バランスを考えた上で、その為の積立(年金)制度を比較・検討していけば、企業の経営方針に沿った退職金計画が実行可能です。