経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

決算の前に…

各種対策の効果 ここでは、独壇と偏見で、各種対策をランク付けしてみました!

   ※★の数による評価は、対策の効果の優劣を測るものではなく、他の対策と比べた相対的なイメージです。

 

本対策を採用することで可能となる対策の効果(経費額の大小。)
決算月直前でも実施が可能性かどうか。
対策を実施することが簡易かどうか。
対策の効果が利益の圧縮に留まらず、資金(資産)の留保性があるかどうか。
 
車を購入する
留意点 購入金額が全額、購入した年の経費にはなりません。例えば、新車のベンツの場合車体価格が1,200万ならば、6年掛けて減価償却をしていくことになりますので、(定額法採用の場合)1年で経費かできる金額は200万円です。
※中古車の場合は、取扱が異なります。税理士等専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性
 
不動産を購入する
留保性 購入する不動産には大きく分けて「建物」と「土地」がありますが、そのうち「土地」については基本的に経費化できません。又、「建物」についても、購入金額が全額、購入した年の経費にはなりません。法律で定められた耐用年数で減価償却していくことになりますので、1年で経費化できる金額は購入額の一部となります。会社で購入した「土地」に関しては、将来的に評価が著しく下がった場合には、決算書上の評価も下がることになるので注意が必要です。
※経理処理等は税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性
 
備品を購入する
留保性 例えば、消耗品の購入は、使ったものだけが損金となり、使っていないものについては、期末にその数量を確認し貯蔵品として資産に計上するのが原則です。但し、事務用消耗品などについては、1.毎月おおむね一定数量を購入するもの、2.毎年経常的に消費するもの、3.この処理方法を継続して適用するという要件を充たしている場合、購入した事業年度に全て損金として処理できます。
※経理処理等は税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性
 
家賃を1年分前払いする
留保性 例えば、地代家賃や各種賃借料などは、1.一定の契約に基づき、継続的に役務提供を受けるために支出した費用であること、2.期間が1年以内であること、3.毎期継続して支払った時に損金にすること、以上全ての要件を充たす場合には、支払ったその事業年度に全額を損金とすることができます。
※経理処理等は税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性  
 
従業員に決算賞与を支払う
留保性 従業員さんへ支払う「賞与」は損金処理できます。それを決算月に支払うのが「決算賞与」です。期待できる効果としては、従業員さんの士気があがり一層仕事に励み…売上が向上するといった好循環です。一方、会社の業績がそれほどでもなく「決算賞与」を支払わなくなった場合は、一転、従業員さんの士気はさがり…業績の悪化に拍車を掛けるといった悪循環を招く可能性もあります。
※経理処理等は税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性  
 
引当金の計上、特別償却、税額控除等帳簿上の操作で可能な対策
留保性 例えば、税額控除などせっかく制度があるのに活用しなかったからといって税務署は親切に教えてくれません。制度を活用するかどうかはあくまでも「申告する側の判断」というのが税務署の判断です。
※経理処理等詳しくは、顧問税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性
 

 

 

法人契約の生命保険を活用する
留保性 法人契約の生命保険は種類によって、その支払った保険料を全額損金あるいは1/2損金に計上することが可能なものがあります。又、将来の保証を確保するだけでなく、万一の際の緊急予備資金としての解約返戻金があるために資金を準備する効果もあります。
※保険種類・商品についてはコンサルタントへご相談下さい。⇒問合せ画面へ
※経理処理等は、顧問税理士などの専門家に確認して下さい。
 
金額 即効性
簡易性 留保性