経営者保険・保険の見直しなど法人保険のことならお任せ!

法人保険 de あんしん館  

子供たちへの現金贈与と生命保険による相続税の納税資金確保

子供たちへの現金贈与で相続財産を減らし、相続税の納税資金を作る

  • 例えば、将来相続人となる子供たちへの現金贈与をスタートして20年を経過した時に、父親が亡くなったとします。 20年間かけて子供たちに移転した財産(現金)は「父親の遺した相続財産」ではなく、「子供たち固有の財産」です。父親の相続に伴う相続税の課税対象となる財産からは外れていますので、その分相続税の負担が軽減されます(生前贈与加算は考慮しておりません)。
    ※贈与に関する取り扱いや相続に関する詳細は税理士等専門家にご確認ください。

子供たちが受贈した現金を元に生命保険を活用すると、相続税の納税資金作りに有効です。
  •    【契約形態1】
       契約者……………………子供
       被保険者…………………父親
       死亡保険金受取人………子供

       【契約形態2】
       契約者……………………子供
       被保険者…………………母親
       死亡保険金受取人………子供